スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開運ツアー☆水澤観世音編

  08, 2017 19:37
こんにちは。
ちょっとご無沙汰してしまいました。

急に寒くなりましたよね。
もう12月ですから、当たり前と言えば当たり前なのですが、暖かい日に慣れてしまうとね……。

さて、前回の続きの「開運ツアー」のお話です。
お昼ごはんのところからでした。

お昼は、日本三大うどん(説はいろいろあるそうですが)のひとつ、水沢うどんです。



DSC_0391_20171125164317seian20171208.jpg


薬味違いで5種類ものうどんつゆが、まずテーブルに置かれていて、「おぉ~~」と。
天ぷらは、衣サクサク。炊き込みご飯までついています。(蓋を開けずに写真、撮ってしまいました)
いつもなら、絶対ペロっと食べちゃうのですが、さすがに量が多くてご飯を少し残してしまいました。


続いて向かうのは、いよいよ水澤観世音です。


IMG_8286seian20171208.jpg



EPSON001seian20171208.jpg



EPSON002seian20171208.jpg



IMG_8294seian20171208.jpg



IMG_8322seian20171208.jpg



この鐘は、1回100円で突くことができるのですが、鐘の周りや、屋根の上に見えるオーブが本当にすごかったです。
今回の開運ツアーでは、一番大きくてたくさんある場所でした。

鐘を突いた途端、頭の上が、さぁーーーっと清々しくなりました。
除夜の鐘ではないですが、やはり煩悩が払われたのでしょうか。

中には、頭やからだに張り付いていた木のお札が、鐘を突いた瞬間、一気にバサッと地面に落ちたのがわかった、と言っている方もいらっしゃいました。
感じ方は、ひとそれぞれですが、やはりみなさん、何かしら感じられたようで、「ここは、すごいね!」と言いあっていました。



IMG_8333seian20171208.jpg



IMG_8349seian20171208.jpg



次は、六角堂へ。
内部にある回転する六地蔵尊は、全国的にみても非常に珍しいものだそうです。
地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間界、天人界の六道を守る地蔵尊を祀って、六道輪廻の相を表しているのだとか。

持ち手の木を持ち、左回りで願いごとを心の中で唱えながら、まわります。
六道なので、6本の持ち手がついており、6人まで一緒にまわることができます。


IMG_8360seian20171208.jpg


写真の左側のは煙ですが、六角堂にはやはり大きなオーブが見られますね。
この左側の煙、お線香がたくさん燃えているところのものですが、ほとんどの人は手でパタパタと浴びようとしますが、これは絶対浴びてはダメだそうですよ。
なぜなら、大勢のひとの邪気がいっぱいだから。

恐いですよね、知らずに昔はしていました。
からだの調子の良くない部分に当てると治る、なんて信じて。


そして、龍王弁財天へ。

IMG_8370seian20171208.jpg


ここでお水取りをしました。
ペットボトルに半分くらいいただきました。
これは、飲んでも大丈夫なお水で、ほんのり甘かったです。

一口飲んだ後は、家に持って帰ってお風呂に入れたり、翌朝、玄関にまいたりして有難くいただきます。

IMG_8368seian20171208.jpg


このあと、釈迦堂見学へ(館内撮影禁止)。
それから、お昼ごはんをたくさん食べたので、腹ごなしに(?)365段の階段を登ります。

このお話は、次回に続きます。



関連記事

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。