スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運がいいひとって、どんなひと?

  22, 2017 15:00

IMG_2762seian20171222.jpg


こんにちは、洸 清庵です。

今日は、冬至。
一年で一番昼間の時間が短い日であり、太陽が山羊座に入る日です。

実感としては、これからますます寒くなるので、まだまだ冬のど真ん中ではありますが、これからどんどん昼間の時間が長くなる、つまり明るくなっていくと考えると、気持ちも明るくなってきますよね。

ところで、あなたは、運がいいひとですか?
わたしは、運がいいと自分で思っています。
しかも、前よりももっと運は良くなっているように感じられます。

どんなときも、自分は運がいい、と思えるひとが、本当の意味で運のいいひとだと聞いたことがあります。
それならば、誰に何と言われようと、自分は運がいいんだ、と思うほうがいいでしょう。
思うのは、自由ですものね。

幸運は、どこから来るのでしょうか。
運は、ひとが連れてきます。
誰にも会わず、じっと家に閉じこもったままでは、きっと思うほど幸運に出会えないのではないでしょうか。
ネットで誰かとつながるのも、もちろんいいと思います。

でも、それ以上に、実際に会うのがいいです。
やはり、ライブは違うんですよ。
百聞は一見に如かず、と言います。
自分の肌で感じてみて、初めてわかることもあります。

何か、感じるものがあるはずなんですよね。
直感で、それはわかると思います。

だから、きっかけはネットでも、直接自分が出かけていって、幸運はキャッチするものだと、わたしは思います。
中には、怪しい情報に踊らされてしまうこともあるかもしれません。
でも、どんなときも、自分の中の直観(直感)を信じてみると、ホンモノかどうかはわかるはずです。

そして、直感は信じれば信じるほど、ますます磨かれていきます。
なぜなら、信じなければ、直感のほうも、「あ、この前教えてあげたのに、信じてくれなかったもんな~。もうお知らせするの、やめちゃおうかな~」って、なっちゃうから。

また、運のいいひとと付き合うのも、自分の運の良さをさらにアップするのには、おススメです。
そのためには、運のいいひとに声をかけてもらえるくらい、自分自身の中身も磨いておきます。

間違っても、マイナス思考に陥らないように!
もし、気分が落ちそうになったら、明るいひとに声をかけて引き上げてもらいましょう。

自分が、ちょっと落ちているな~と、わかるのも、運のいいひとだと思います。
わからなければ、ずっと落ちたまんまだもん。
気が付いた自分は、運がいい。
だから、あとは、上げてもらえるひとに会いに行こう!
……とかね♪

今日も、ハッピーな一日でした。
ありがとうございます。

なんて、「ありがとう」の先取りも効果絶大(^-^)
ほら、幸運の女神さまが、そこにいるから♪

それでは、またね~♪



関連記事

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。