スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新海誠展に行ってきました♪

  21, 2017 15:41

IMG_7779seian20171121.jpg



こんにちは。

先日、国立新美術館で開催されている「新海誠展」に行ってきました。
去年、「君の名は。」を観て、はじめて知った新海監督。

映画は、本当に胸に響き、上映中なんども流れた涙も記憶に新しいのですが、正直に言うと、美術館に行こうとまでは思っていませんでした。
彼の作品は、テレビで3作品観て、映像の美しさは息をのむほど。
特に「言の葉の庭」での雨のシーンは、いろんな雨の表情が、まったく暗いものとしてではなく、むしろ明るく輝くような描き方で感動的でした。

でも、小説を読んでみると、(「言の葉の庭」を本屋さんで見つけて衝動買いしたのは、去年の秋でした)残念ながら映像ほどの感動がなかったのです。
万葉集や古典が題材なのは、もちろん好きなので、それは文章で読んで得られる面白みとして良かったのですが、物語の軸がブレているような感じです。
主人公たちを取り巻く環境や、周りの詳しい人間関係を描きすぎたせいか、ふたりの話が、かすんでしまっているのです。
これは、もったいない。

そんな経験もあり、いったい美術館で、あの映画特有の感動があるのだろうか、とちょっと思っていたのです。
だから、多くのファンのかたには、とっても失礼なのですが、ほんの時間つぶし的な訪れかたでした。
まぁ、この美術館自体が気持ちよくて、好きな場所でもあるので、もしハズレでもそれはそれでいいかな、って。

と・こ・ろ・が……。

ごめんなさーーーーい!
やっぱり、良かったです。

本編を含む映像が、いたるところで流されていて、しかも、知らなかった作品にも触れ、結局見入ってしまいました。
テーマのひとつ「出会ったことのない男女の出逢い」「遠距離恋愛」が、わたしのツボにドハマりで♪

それから、もうひとつのテーマ「喪失」と「再生」。
これも、こころの深いところに、ズンってくる感じ。

まぁ、そんな感じで、期待が少なかったぶん、これは得した気分でした。
会場は、平日昼間にもかかわらず、けっこうな人出。夕方以降は、きっともっと増えたことでしょう。
土日、祝日ともなれば、それこそ人を見に行っている感覚かも。
去年の12月上旬の「ダリ展」の苦い思い出がよみがえります。

12月18日まで、国立新美術館で開催とのこと。
12月になると、さらに駆け込みの人たちで混みそうですよね。
見に行く予定のかたは、早めがいいですよ。11月までの平日かな。

展覧会のあとは、東京ミッドタウンのイルミネーションを見に。
実は、こっちが目的だったのですよ(^-^)
このお話は、またいつかね。


IMG_8163seian20171121.jpg


最後までおつきあい、ありがとうございました。




関連記事

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。